ピアニスト宮野寛子がナビゲートするラジオ番組。「宮野寛子のCOMFORTな時間」のオフィシャルブログです。全国56局のコミュニティFMでお聴き頂けます。

寛ぎと癒しと勇気をテーマに、日常の中から感じたcomfortなお話を、皆さんの心にお届けします。ピアニストならではの視点でお気に入りの楽曲をジャズ、ブラジル、ポップス、クラシック、ロック、など様々なジャンルからご紹介しています。

◆毎週水曜日20時半〜21時 
 全国のコミュニティFM サイマルラジオで聴く事ができます。
 ネット局はこちらのコミュニティFM。(FMかしまetc)
新しくFacebookページが出来ました。いいね!お願いします。
◆番組ではリスナーからのお手紙やリクエストなども募集しております。
  宛先はこちらまで  hiroko.comfort@gmail.com



2015年04月29日

[#162 4月29日放送]

<今日のテーマ ゲスト 渡辺 亨さんを迎えて こんな音楽の楽しみ方は?>

M1 Summer Running/マーク・ジョンソン
M2 Agnus Dei/Steve Dobrogosz
M3 THE Poet/ティグラン・ハラシアン

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
先々週と先週の2回に渡って、渡辺さんの著書「音楽の架け橋 快適音楽ディスクガイド」
を元に、これまでと異なった視点の音楽を選曲して、楽しんで頂きましたが
「目から鱗」とでも言ったら良いのでしょうか?「こんな音楽の楽しみ方もあるんだぁ!」
と共感したのは私だけでしょうか?
今までの固定観念、箍 を外して、ジャンルの壁を取り払った新しい音楽の
楽しみ方が出来たようです。
何事も、少し視点、考え方を変えて観るのも、新たな発見が生まれて楽しいものですね。
それにしても、音楽評論家のみならず、選曲家、ラジオDJの肩書きを持つ
渡辺さん 博学・・・でしたね。
外見と言うと、太くて黒い縁メガネをかけて、小太りのどこにでも居そうなオジサン
ですが、機関銃の如く、話し出したら止まりません。
音楽がかかっている間もトークの嵐。
データーが頭の中に溢れ、埋もれている?ような。
そして、どの話しも興味をそそられる、的を得た話しで、これがプロ・・・
流石!と驚嘆するほどです。
スタジオの中の宮野は只々、尊敬、憧れの目で渡辺さんを見つめていました。
話しはちゃんと理解して、聞けたのでしょうかねぇ?でも楽しいでいたようです。
リスナーの皆さんは如何でしたでしょうか?
21世紀の音楽の楽しみ方は「自由自在」。
音楽を色分けしたり、楽器別けしたり、季節感で別けたり、ジャケットデザインで別けた
り・・・。

番外編:これから移住したい国は?場所は?何処?ですか?
ゲストの渡辺さんは 福岡だそうです。
宮野は 美瑛?(今、リサーチ中ですが・・・)
因みに スタッフは ハワイ マウイ島。
(スタッフ 談)

■「今日のComfortな言葉」
音楽も人間も多様性・・・
music is music
しなやかに音楽を・・・
音楽しか聴いていない人には音楽は創れない
音楽はいろいろな興味をそそられる。
音楽はユニバーサルだ!

■今日の写真

「スタジオでパチリ」

C9174768-9DA3-4548-A97B-F2600EBB7883.jpg
posted by hiroko at 21:00| Comment(2) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

[#165 5月20日放送]

<今日のテーマ ピクチャーレコードを楽しむ・・・>

M1 Song for Lorraine/スパイロ・ジャイラ
M2 Alison/Linda Ronstadt
M3 George Porgy/ToTo

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
最近、アナログレコード が音楽ファンの間で話題になっているようです。
それに伴って、レコードプレイヤーなどオーディオ関連商品も
売れている・・・と、新聞で大きく取り上げられていました。
CDにはない、レコード針がレコードの溝を通して聴こえる、音の温かみ
が人気のようです。
さて、今夜お届けする「ピクチャーレコード」ですが
80年代 アナログレコードからデジタルのCDに移行する時期に
レコードのジャケット写真、デザインが素晴らしいレコードを
聴きながらジャケットを楽しむ・・と言う新たなレコード芸術の
一つとして、発売されたものなんです。
「聴く・・」と言うよりも「飾って鑑賞する・・」
レコードと言っても過言ではありません。
とは言っても余り、市場には出回らなかったんですが・・・。
そう言う意味からも、とても貴重なレコードで音楽ファンにとっては
レアなレコードの一つなんですね。
それも今回のように、レコード針を落として聴くのは
初めてなので、些か音質が心配だったのですが
皆さん!如何でしたでしょうか?
レコードと言うと普通は円形なんですが、このピクチャーレコード
には「八角形」のものや「ハート型」のもあるんですよ。
「どうやってレコードを聴くんだ!」と言う人もいると思いますが
安心してください。
音が録音されている部分は「円形」ですので・・・。
その他、この時代に「香り付き」のレコードもありましたね。
レコード盤から「ラズベリーズの香り」をさせた
そのバンド名も「ラズベリーズ」。当時、ラジオでも話題になりました。
レコードの楽しみ方もいろいろあった時代でした。
宮野も初めて観るピクチャーレコードに癒された時間でした。
リスナーの皆さんは如何でしたでしょうか?
(スタッフ 談)

■「今日のComfortな言葉」
レコード針とレコード盤。そこには「音の温もりが・・・」

■今日の写真
「ピクチャーレコード」
D2CC7B25-06AF-4F1C-95CC-652515ADEA0E.jpg

posted by hiroko at 13:31| Comment(0) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

[#161 4月22日放送]

<今日のテーマ 21世紀の新たな音楽の楽しみ方 PartA>

M1 Which Will/Susanna Wallumrød&Giovanna Pessi (ECM)
M2 Gaucho/Sara Isaksson & Rebecka Törnqvist(Zip Records )
M3 Between the Bars/Taylor Eigsti (Concord Jazz)

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
   皆さんは音楽をどのようにして楽しんでいますか? 
   アーティストのルーツを求めたり、友達関係だったり
   音楽性だったり、同じ楽器を選んだり・・といろいろな
   楽しみ方もありますが、先週、今週とご紹介している
   本「音楽の架け橋〜快適音楽ディスクガイド」の著者 渡辺 亨さんは
   気持ち良い音楽の聴き方、楽しみ方として
   色で別けたり(青の時代、赤の時代)、曜日で別けたり(日曜日など)
   内なる印象だったり、シネマティック、ドラマティックに区別したり・・・
   と、これまでの音楽の聴き方の概念を提案しています。
   「目から鱗 耳から・・・」の感があります。
   さてさて、皆さんの中で「こんな音楽の楽しみ方をしているよ・・」
   と言う方がおりましたら、番組までお便り、メールを下さい。
   (スタッフ 談)
        
■「今日のComfortな言葉」
 音楽の楽しみ方、区分はいろいろ・・・青の音楽だったり、ジャケットの写真だったり
  
■今日の写真
posted by hiroko at 21:00| Comment(0) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

[#160 4月15日放送]

<今日のテーマ 21世紀の新たな音楽の楽しみ方 Part@>

M1 Misty Roses/Colin Blunstones
M2 Solitude/Allen Toussaint
M3 The moon is a Harsh Mistress /Radka Toneff with Steve Dobrogosz

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
「古き良き時代」に還る・・・事も原点回帰としては
良い面もありますが、世の中、余りにも、決まり事、固定概念が多い中で、
枠の中で思考がSTOPしている事も多い気がします。
音楽も同様な現象が見られ、そんな中で、新たな考え方、思考
で、これからの時代を牽引して行こう!と行動を起こしている人も
います。
今日、お届けする音楽もそうですが、こんな音楽の楽しみ方も
面白い・・と思っています。
と言う、宮野も常に時代の見据えながら、新たな音楽への挑戦を試みています。
どんな現象、事象もそうですが、固定概念を解く・・のは中々勇気がいる事でも
有りますね。
時代をリードする人は、常に葛藤と自信を抱きながら、
改革しているんです。
ちょっとお堅い話で恐縮です
(スタッフ 談)

■「今日のComfortな言葉」
春の季節、花見の下で楽しむ「野点」(のだて)

■今日の写真
「こんな景色を愛でながら野点は如何でしょう」
0FC625B7-6AF6-449A-ACB5-2E4163F66F09.jpg
posted by hiroko at 21:00| Comment(0) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

[#159 4月8日放送]

<今日のテーマ OBENTOの話 駅弁、空弁・・宮弁?>

M1 Sumer's Waltz/Peter Erskine
M2 Raum/Henning Schmiedt
M3 Abrindo a Porta/Ttiana Parra

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
  近年、海外でも「OBENTO」が話題で、所謂「お弁当箱」や
  「お弁当作り」が注目されていますね。
  そんな現象もあって、ライブ用品売り場では、店頭に
  「お弁当関連」の商品が所狭し・・・と展示されています。
  先日、宮野とプレゼント用に見に行ったのですが、余りの商品、種類の
  多さに驚いたのですが、結局はどれを選んだら良いのか迷った挙句
  別のプレゼント品にしてしまいました。
  どうしても外食が多いのが現実ですが、宮野も「お弁当作り」に
  目覚めた?ようです。
  果たして、そのお弁当の試食の犠牲になるのは誰でしょうか?
  (それは、多分、スタッフでしょうね。)
  でもですね、宮野は結構料理は上手いんです。
  手軽に、簡単に料理を作るテクニックは感心します。
  (スタッフ 談)
■「今日のComfortな言葉」
  せいろの弁当箱・・・何ともシンプルで、清楚。
  食材の美味しさが醸し出されています。
    
■今日の写真
posted by hiroko at 21:00| Comment(0) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。