ピアニスト宮野寛子がナビゲートするラジオ番組。「宮野寛子のCOMFORTな時間」のオフィシャルブログです。全国56局のコミュニティFMでお聴き頂けます。

寛ぎと癒しと勇気をテーマに、日常の中から感じたcomfortなお話を、皆さんの心にお届けします。ピアニストならではの視点でお気に入りの楽曲をジャズ、ブラジル、ポップス、クラシック、ロック、など様々なジャンルからご紹介しています。

◆毎週水曜日20時半〜21時 
 全国のコミュニティFM サイマルラジオで聴く事ができます。
 ネット局はこちらのコミュニティFM。(FMかしまetc)
新しくFacebookページが出来ました。いいね!お願いします。
◆番組ではリスナーからのお手紙やリクエストなども募集しております。
  宛先はこちらまで  hiroko.comfort@gmail.com



2015年07月29日

[#175 7月29日放送]

<今日のテーマ ゲストに宮野弘紀さんを迎えて・・・宮野寛子との関係は?>

M1 レッツメイクメリー/宮野弘紀
M2 アダージョ/宮野弘紀
M3 パイザージェン・エストレラーダ/宮野寛子

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
今日は久しぶりにゲストを迎えて。
宮野と共演させて頂いているミュージシャンは
多くおりますが、中でも馬が合う!と言いますか
尊敬するアーティストの一人として、挙げられるのが
今日のゲスト 宮野弘紀さん。
80年代のフュージョン、ジャズシーンで大いに
注目されたギター奏者&コンポーザーでもあります。
勿論、現在でもライブを中心に活躍中!
今回のCD「Ocean」に、久しぶりに参加して頂いたのが
きっかけで、最近ではデュオで共演しています。
ギター奏者としてだけでなく、人としても魅力的な方です。
さて、宮野さん曰く、古代から日本人は世界の中心にいるようで
人間の原点は、アフリカではなく、実は日本だそうです。
そして、日本人は創造の神として、世界で破壊される万物を
再生する役割を持って誕生した・・と言うんです。
島国だからこそ、守られてきた日本人ならではの精神が
温存されて来たとも言えます。
今回はチョット固い話しになってしまいましたが、
宮野弘紀さんのアーティスト性、人間性が少しでも
感じて頂ければ嬉しい限りです。
さてさて、宮野寛子と宮野弘紀さんとの関係は
番組の話に中で、推測がつきましたでしょうか?
夫婦?兄弟?親戚?親子?それとも赤の他人?
(スタッフ 談)

■「今日のComfortな言葉」


■今日の写真
「宮野です。」
438BB523-5CCC-4384-BDB9-4B297865016E.jpg
posted by hiroko at 21:00| Comment(0) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

[#174 7月22日放送]

は<今日のテーマ 夏の音(ね)と言えば 蝉。でも、私は・・・>

M1 Ride me like wave/Grant Green
M2 Sullen tunes/宮野寛子
M3 ヘッドライト テールライト(中島みゆき)/深町 純

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
好きな音、嫌いな音。綺麗な音、煩い音 人によってその音の感じ方は
違いますね。
また、同じ水の音でも、川のせせらぎの音には癒されるけど
水道から漏れる水の音はチョット苛立つ!?とか
動物好きな人でも、犬の声は好きだけど、猫の鳴き声はどうも!
(その反対もありますが)とか。
と言う、自分は何か音がないと寝られない(静かだと寂しい・・と言うか
不安な気分になるんです)性分なんです。
まあ、音と音色の関係は、その人の感じ方によって良くもなり、悪くもなるもんですね。
さて、宮野は?と言うと、街の騒音は全くだめ!(まぁ一般的にはそうですが・・・)
自然界の音 風や波、鳥の声、風に揺れて聴こえる木々の葉の音に癒されています。
(時々、我々、スタッフには聴こえない音を感じる時もありますが・・・不気味ですが。)
でも、同じ街の音でも、昔は生活に密着した音が多かったですね。
(今の季節だと 金魚売りの声、豆腐売りのラッパの音、氷売りの声、風鈴売りの音など
長閑でした)
さてさて、今日の音 蝉 が苦手!と言う宮野ですが、
鳴き声と言うよりも、蝉と言う昆虫が苦手なんですね。
そうそう、小さい頃に蝉に「オシッコ」をかけられた…と言う知人は
以来「蝉は嫌い!」と言っていましたが、宮野はそうではないようで。
「アブラ虫」に似ているからでしょうかねぇ?
俳句にも多用されている「蝉」も、可哀想ですね(同情)。
暑い日の蝉の声に、一時の清涼を感じる時もありますが
煩くて余計に暑さを感じる時もありますね。
貴方はどうですか?
この季節、「いいなぁ!」と感じる音、音色はありますか?
(スタッフ 談)

■「今日のComfortな言葉」
静けさや岩にしみいる蝉の声(松尾芭蕉)
現代は「騒音や街にしみいる蝉の声」でしょうか?

■今日の写真
「明治神宮前での一枚」
3B2CD2FE-F267-4FBF-997E-7E85D6C53A70.jpg
posted by hiroko at 21:00| Comment(0) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。