ピアニスト宮野寛子がナビゲートするラジオ番組。「宮野寛子のCOMFORTな時間」のオフィシャルブログです。全国56局のコミュニティFMでお聴き頂けます。

寛ぎと癒しと勇気をテーマに、日常の中から感じたcomfortなお話を、皆さんの心にお届けします。ピアニストならではの視点でお気に入りの楽曲をジャズ、ブラジル、ポップス、クラシック、ロック、など様々なジャンルからご紹介しています。

◆毎週水曜日20時半〜21時 
 全国のコミュニティFM サイマルラジオで聴く事ができます。
 ネット局はこちらのコミュニティFM。(FMかしまetc)
新しくFacebookページが出来ました。いいね!お願いします。
◆番組ではリスナーからのお手紙やリクエストなども募集しております。
  宛先はこちらまで  hiroko.comfort@gmail.com



2015年11月18日

[#191 11月18日 放送]

<今日のテーマ 私の KODAWARI は・・・>

M1 Flamingo/宮野寛子
M2 Zaman/Julide Ozcelik
M3 Floja memoria/aca seca trio +diego schissi quinteto

Opening Theme 「Ocean」宮野寛子
Closing Theme 「Feel Colors」宮野寛子

■「今日の一言」
年齢を重ねている人の「こだわり」は
粋で恰好の良いものですね。
近年、再び「物を大切に・・・」と言う傾向の中
「少々高くても、良い物を長く使おう」と言う人が
多く見受けられますね。
よく「これは一生物だ・・・」と大切に使う人も
おりますが、こう言うものは使えば使う程、
その物の「味わい」が滲み出て
使っている人の人間性と言いますか
個性も感じられて来ますね。
そんな物だと人に自慢したくなりますよね。
昔からのことわざで「安物買いの銭失い」と言う諺がありますが
買う時は「ちょっと高いなぁ」と思っても
長年使いこなせば、結果「安い買い物をした・・・」と
言うことになりますよ。
若い人だと何となく「イキガッテ」見える物でも
年輪を重ねて来ると、「恰好よく見える」ものですね。
「馴染む」と言うことでしょうかねぇ?
手作りの物は一般的にも高そうですが、
最近では、手ごろな値段のものも有りますから
皆さんも、自分だけの「こだわりのオリジナル」を持って見ませんか?
世界でたった一つの物。
ところで、宮野の音楽の世界も、宮野ならではの「こだわり」がありますので
皆さん、大切に一生 聴いて楽しいで下さい。
(スタッフ 談)

■「今日のComfortな言葉」
「こだわりの物を持つ時間は Comfort な自分の時間」

■ 今日の写真
「大切に使いたい名刺入れです」
A556D24D-ADAA-4E73-A7A3-9437CF326F52.jpg
posted by hiroko at 21:00| Comment(0) | 放送内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。